May 21, 2010

αにマクロレンズ装着


posted by u1m
at 05:37
Comment(0) TrackBack(0)
カテゴリ:小道具
タグ:α, マクロレンズ,
このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
100521_MacroLens.jpg

小物の撮影に使えるレンズを物色は、やっぱりマクロから?昆虫のどアップや、花の雄しべ雌しべまでは不要だけど、最短撮影距離が短く、欲しサイズまで寄れるし、短焦点でレンズも明るいし...

とりあえずαのレンズから調べてみると、DT 30mm F2.8 Macro SAM SAL30M28、が2万円程度でリーズナブル。フィルムのフルサイズ用レンズでなければ、それなりにレンズはリーズナブルなことを再認識。

マクロ、短焦点ってどんな感じだろうとツブやいていたいら、50mm F2.8 Macro SAL50M28をお持ちの方から借していただけることになりました。

↑装着の図。いつものデカいズームレンズに見慣れているので、レンズが小さいとαのボディが大きく見える。ちなみにこちらは、R10での撮影。

100521_MacroLens+1.jpg

↑早速、おためし撮影。最短撮影距離20cm、欲しい画の距離まで寄っても寄っても、合焦。

上の画は、f/2.8mm で撮影したもの。本当に焦点深度が浅いんですね、1cm前後はボケボケになります。

100521_MacroLens+1.jpg

↑f/6.3mmまで絞った画がこちら、R10を斜めに置いていますが、カメラ全体に合焦しています。キレイに写っているなぁR10。

100521_MacroLens+1.jpg

↑コンパクトデジカメと一眼デジカメの比較に、Macのキーボードを撮影。f/2.8mmで、「X」に合焦。周囲はきっちりボケ味がでています。本ト欲しい画がピンポイントの時しか使えないですね。

100521_MacroLens+1.jpg

↑R10で撮影した画がこちら。f/3.6mm 焦点距離5.7mm。当たり前ですが、口径の大きなレンズとは違いますね。寄りすぎているので、キーボードにも若干の歪みが出てしまっています。



Apr 28, 2010

iMacをお引っ越し


posted by u1m
at 05:55
Comment(0) TrackBack(0)
カテゴリ:小道具

このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
100428_iMac.jpg

完成したネストテーブルにiMacをお引っ越ししました。

無印のスチールラックの下にネストテーブルを置いて、下のテーブルにiMacを置いて、上のテーブルをiMacのベースとモニターの間に挿入。せっかくの自作なので、テーブルの幅/高さ寸法をラックギリギリまで攻めてみました。

このままでも使えますが、下の写真のように上のテーブルを引き出してテーブルを広くして使っています。

上のテーブルと下のテーブルの隙間に、キーボードや、カードリーダー、USBハブ等しまっておけてスッキリです。

iMacの本体の下側には吸気口があるのですが、上のテーブルが近すぎてちょっと不安ですが、使用時は引き出しているので問題ないかと思いながら、少し高さ調整しようかなと思っています。

100428_iMac+a.jpg

Apr 26, 2010

ネストテーブル完成


posted by u1m
at 07:35
Comment(0) TrackBack(0)
カテゴリ:小道具
タグ:DIY,
このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
100426_NestTable2.jpg

ネストテーブルの2つ目が完成しました。

オイルステンを塗布しようかとも思っていましたが、素地な感じもなかなかいいし、汚れたら表面を削り直すのも楽なので、オイルステンをかけずに素地で使うことにしました。手を置いたときの感触と、まだほんのり木の香りがするのが良いです。

外側と内側の天板の隙間の理由は、iMac本体を下のテーブルに置くためです。iMacのベースが下と上のテーブルの間に収まります。引き出して使うテーブルを外側にすることで、広い方のテーブルを作業台に使えます。

今回のダボ工作で、強度が確保できるのがわかり、製材所からカット材料をネットで購入できるものわかったので、箱もの工作にはまりそうです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。